スウェーデンハウス北海道支社スウェーデンハウス北海道支社 | 木製サッシ3層ガラス窓

旭川モデルハウス
Photo スウェディッシュ・モダン
四季の変化がはっきりしている旭川に、新しいくらしのスタイルを提案。自然を大切に、良いものと長くつき合う、シンプルという心地よさ。
北欧スウェーデンならではの生活へのこだわりを、モダン・テイストをプラスしてデザインしました。
OPEN
2005.5
住 所
〒078-8337 旭川市緑が丘東1条4丁目2-3
北海道マイホームセンター 旭川会場
電話番号
0166-65-3144


モデルハウスのここに注目!

Photo Photo Photo
玄関は、分厚い断熱ドアを開けると、床をタタキからホールまで、すべてタイル敷きとなっているため、第一印象に広く感じることが出来ます。また、正面にはガラス壁を設置。普通の壁ならば圧迫感を感じてしまいそうですが、ガラス壁ならば透過する光や、インテリアを楽しむことが出来ますね。 スウェデッシュでスタイリッシュな雰囲気のダイニングキッチン。キッチンとダイニングテーブルが一体化しており、食事を作る、食べるというプロセスを楽しむことができる、言わば“参加型”キッチンです。アイランドカウンターを設置しているので家事動線が回遊式になり、効率の良い動きが可能です。
とっても元気になりそうな色とりどりの子供部屋。カーテンとベットカバーの色をコーディネートし、騒々しくなりそうな色たちに統一感を与えています。また、部屋に入ったら電気カバーをご覧ください。部屋にマッチする色使いのワンポイントが、普通の形のカバーを個性的に演出しています。
Photo Photo Photo
リビングの隣には、小上がりになっている和室があります。この和室の壁は、阿寒町で出土される苔虫類の天然資源であるブライオゾーアという自然素材を使用した塗り壁です。ブライオゾーアは、珪藻土のような調湿性・有毒ガスの吸着に加えて、防臭・脱臭効果もあるそう。水質浄化や土壌汚染にも使用される安全な素材です。 主寝室の横には広い収納スペースが。でも「隠す」収納ではなく「見せる」収納スペースとなっています。お店のディスプレイのように自分のセンスに任せて陳列すれば、いつもより片付くかもしれませんね。 リビングから出入りできるテラスにはオーニングが。リビングに入る陽の光を抑えるだけではなく、テーブルと椅子を出して、ちょっとしたオープンカフェ気分に。短い北海道の夏を、自宅でも満喫しましょう。