スウェーデンハウス北海道支社スウェーデンハウス北海道支社

オーナーズインタビュー

VOL.22.「“どんな暮らしをしたいのか”を大切にした我が家」
Photo 札幌市 Y邸
プロフィール
ご主人 会社役員 48 歳
奥様 主婦 44 歳
長男 高校一年生 15 歳
次男 小学校四年生 9 歳
データ
延床面積 151.52 m²(45.83 坪)
1F床面積 76.84 m²(23.24 坪)
2F床面積 74.68 m²(22.59 坪)
構 造 枠組壁工法
(木質系パネル工法)
2階建て
竣 工 2003 年 12 月

※オーナーのプロフィール・ご家族構成は取材時のものです。

マイホームを決めるまで

Photo
当初書斎を予定していた2階リビング上のロフトは子供たちのゲームコーナーに
 「マイホームを建てようと思ったのは1994年北海道へ転勤で来て間もなく。当初はマンション暮らしだったのですが、スウェーデンヒルズの印象が強くて、北海道で暮らすならこういう家に住みたいとずっと思っていました」と語るのはご主人のYさん。
Photo
友人が新築祝いに作ってくれたというマイホームそっくりの表札
96年頃から一戸建てを建てたいと土地を探し始めたものの、転勤で北海道を離れることに。「私も妻も北海道の人間ではないのですが、こちらが気に入りまして。私が単身赴任することになりました(笑)」
その後、北海道に戻り、自ら事業を興されたYさん。単身赴任中も帰省の折りには土地を探しつづけ2003年4月、現在の場所を見つけた。「住宅展示場やスウェーデンヒルズはドライブがてら何度も行きました。札幌市内はすべて回りましたね」と奥さま。条件にあった土地を見つけてから8カ月後、2003年12月に念願の一戸建てへ入居となった。

スウェーデンハウスに決めるまで

Photo
DIY店でポールやネットを揃え、お父さんが作ってくれたネット。これで投球練習もばっちり
 「最初から決めていたというか、スウェーデンハウスを知ったからこそ、一戸建てが欲しいと思ったので、他社との検討をしたことはありません。ただ惹かれていくうちに、
 1.構造が優れていること
 2.静かなこと
 3.暖かいこと
などがわかり、気持ちが揺らぐことはありませんでした」
Photo
庭より優先されたのは野球を練習する場所。ピッチャーマウンドに見立てた場所には敢えて芝生を敷かないというこだわりよう
  Yさんに一番の難関を伺ってみた。「それはなんといっても土地探しです!」
求めていた土地の条件は
 1.子供たちが転校しなくてもよいこと
 2.家の前に何もないこと
 3.見晴らしがいいこと
「子供を転校させたくなかったし、それまで暮らしていたマンションも眺めが良くて、なかなか捨てがたい条件でした」とYさん。
 そうしてYさんは土地は風致地区内にあり、原生林にも近い高台の住宅地に希望通りの土地を探し当てた。

マイホーム計画でこだわったこと

Photo
玄関横は自転車を持ち運びしやすいようにとスロープに
 「せっかく見つけた土地ですから、その条件を最大限活かしたマイホームにしようと考えました
Photo
玄関横に作られた収納兼作業室。スキー道具のほか自転車、キャンプ、ゴルフ道具などを収納

  土地を探している段階からの条件でもある「眺望を楽しみ」、偶然見えることがわかった「ジャンプ台も眺められ」、全体にワンルーム的な「広々とした空間」であることを念頭に家づくりは進められた。
「ほぼ希望通りの家になりましたが、唯一こだわりすぎたかなあと思うのは、ワンルーム的にした点かな」
 2階リビングに接するように子供部屋を2室設けたこともあり、結果的に洗面所が2階フロアの中心に位置することになった。
 「でも全体としては大いに満足。我が家はなかなかよくできていますよ」

これからマイホームを建てる方にアドバイス

Photo
ご主人の書斎は1階ユーティリティに脇に。「意外と使いやすいんですよ」
 「私が家を建てる際に一番大切にしたことは、”どんな暮らしがしたいのか“ということ」とYさん。「私は子供と一緒にキャッチボールなど、遊べる家が欲しかったんです」
 どんな暮らしをしたいのか、その上でどんな間取りにするのか、土地にどのように建物を配置するのかを決めたほうが良いと言う。それから諸処の条件に合わせて、取捨選択をしていくのだと……。
Photo
キッチンお雰囲気に合わせて洗面所も白いタイル貼りに。木のフレームの鏡を掛け、オリジナリティのある空間
  息子さんのスキーの道具にワックスをかけ、夏はキャンプ、少年野球など趣味も多彩なYさん一家。それまでのマンション生活の中でも1室をスキールームにするなど工夫を凝らしていたがどうしても手狭。夏の自転車、冬のスキーなどの他ワックスがけもできるよう収納兼作業部屋も1階に設計。自転車をしまいやすいようにと玄関にもスロープを設けた。さらに建物の裏には野球の練習スペースもプランニング。
 「もちろんすべては実現できませんよ。我が家も屋根付きガレージと自分の書斎をあきらめました(笑)」
 “眺めを楽しみたい、子供と遊びたい”
そういう暮らし方をしたいというYさんの願いを最大限カタチにしたのが、Y邸なのだ。
 お父さん手作りの野球コーナーで練習を重ね、「北海道日本ハムに入るんだ!」と、少年野球から戻ったばかりの次男が元気よく語ってくれた。

オーナーズインタビュー:バックナンバー

スウェーデンハウスを見る:メニュー

資料請求